株を知らない男性のイラスト

みなさん、株ってなんだか知ってますか?ほとんどの人が知っていると思います。でもできればこのサイトは、株を知らない人に見てもらいたいです。なぜなら、私も株を知らないからです。その私が株について勉強するので、どうか付き合っていってください。

ズバリ、株とはなにか

「株価」という言葉は、ニュース番組を見ていれば必ず耳にする言葉です。
それほど我々の生活に身近な「株」ですが、裁定取引が有名になりすぎてしまい、株の本来の意味を理解している人は少ないのではないでしょうか。この機会に改めて考えてみましょう。
最初に「株とは何か」という答えに対して先に答えておくと「企業に対する資金提供の方法と企業経営を監視するための権利である」となります。
企業はあるプロジェクトを行う際に資金を必要とします。
必ず取引をしている金融機関があるので、そこから資金を調達することが多いのですが、そのプロジェクトが成功する可能性が低いけれど、成功すれば非常に大きい利潤を手に入れられるというような大きなリスクを持ったものであったとすると、貸す事に難色を示したり、予定していた額よりも少ない額しか貸してくれないということも少なくありません。
そういったときに、企業は株式を発行することによって個人投資家に買ってもらうことによって資金調達をするのです。
ただ、そういったプロジェクトはリスクをはらんでいるためそれに見合ったリターンが見込めることを投資家に伝えなければなりません。
それを受け入れたうえで投資家は購入することになります。また、株式の配当、すなわちリターンは売り上げからコストを引いた残余であり損益が出れば配当はありません。
ですから、株はリスクをはらんだものとも言えますが、そのリスクを回避するために企業に対して発言権を持つということも特徴と言えます。
例えば、経営者が不明瞭なビジネスを投資を行おうとしたときはそれを投票などによって止めることが出来ます。
以上の事から、最初に述べた通り、株を持つということは資金提供と企業経営の監視をする権利と言えるのです。

株を知ることで知れる他のこと

会社が経営をするためには資本がなければできません。起業する場合には、自己資金もしくは親戚、知人、銀行などからお金を借りることで資本を集めることになります。
会社が成長して、事業拡大や新規事業の立ち上げなどをするためには、資本を増やさなければいけませんが、お金を借りるにも限度があります。
そこで、株式会社にして、投資家から多額の資金を得るようにします。また、証券取引所で上場すれば、不特定多数の投資家が注目するので、多額の資金を得る機会が増えます。
経営者にとっては多額の資金を得る機会が増えることは良いことですが、議決権比率の高い株主の意見を無視することはできません。
株を知ることで経営者と株主の力関係がどのようになっているのか知ることができます。
議決権比率が1%以上であれば、株主提案権を出すことができます。
議決権比率が3%以上であれば、株主総会の招集、帳簿の閲覧が可能になります。
議決権比率が10%以上であれば、解散請求ができます。
議決権比率が50%超であれば、取締役の選任及び解任、監査役の選任、計算書類の承認、普通決議を単独採決できます。議決権比率が50%超を保有した会社は親会社となり、親会社の意向に沿った経営をしなければいけません。
議決権比率が3分の2以上であれば、定款変更、監査役の解任、株主総会の特殊決議ならび特殊決議の単独採決ができます。
議決権比率が100%であれば、会社の完全なオーナーになります。
経営者が自分の考えで経営をしていくには、その経営者が議決権比率を50%超保有すること、もしくは、協力会社に保有してもらうなどして経営者の意見に従う株主を集め、議決権比率を50%超にすることです。

気になることは株が儲かるかどうか

「株が儲かるかどうか」ということは「投資」に興味を持つ人にとって最も気になることでしょう。自分が持つ大切な資産を増やしたいと考えるならば当然の考えと言えます。
それではどのように儲けられるでしょうか。まず最初に裁定取引が有名でしょう。簡単に言えば安く買ったものを高く売るということであり、そうすると利益が生まれます。
ちなみにこの利益の事を「キャピタルゲイン」といい、逆にこれから高くなると思った株が安くなってしまい発生した損失を「キャピタルロス」と言います。これはもっとも有名な取引でしょう。
また、証券会社などから株を借りてきて、すぐに売り、価格が下がって買い戻せばその分の差益を儲けることが出来ます。これは「空売り」と呼ばれ、「信用売り」は同義語に当たります。
ちなみにこれは信用取引に当たるので担保が必要となります。蛇足ですが「空売り」の逆として「空買い」があります。
そして最後に挙げるものとしては、株式の配当により儲けることです。株式というのはもともとは、会社にお金を出資するということが前提です。
しかし、配当で利益を得ることは債券と違い、必ずしも配当があるとは限らないのです。
株式配当は、売り上げから従業員などの賃金や原材料などのコストを差し引いたりしたものの残りにあたり、投資などの失敗や何かしらの原因で売り上げが大幅に落ち、収益を上げられない赤字企業であれば配当はありません。
ですから、株主は企業に対して、経営に対して意見を申し入れることが出来ます。これは株主総会ということで多くの人も周知しているのではないのでしょうか。
こうすることで、企業側も経営に対して手を抜くということをせず、利益を出そうとするわけです。
以上挙げた3点で基本的には儲けることが出来ます。しかしながら、3点共にリスクがあるということを忘れてはなりません。それに応じた備えも必要だと言えます。
■企業によってさまざまです
株主優待のおすすめ
■チェックすべきブログとは
株ブログ まとめ
■投資先を比較するのも重要ですが、投資顧問の比較も重要
投資顧問 比較